カテゴリー
G00情報システム

z/OS

z/OSのマニュアルは、z/OS Internet Library (US IBM) からダウンロードできる。

VM・DOS/VSE から始まって MVS その後 z/OS と扱ってきたが、最近は触る機会もなく単なる読み物と化しておる。

待機系で遊べた時代が懐かしい。

カテゴリー
G00情報システム

使用言語をお浚い2022/7

自然言語も人工言語も多言語を流暢に話せるようにしておきたい。

アセンブラ(ターゲットCPU):4004, 8008, 8080, 8086, 80×86, AMD64, Intel64, Z80, 6809, 68×00, IBM(360, 370, z), SH-3, SH-4, i960, Alpha とか。自作のCPUのアセンブラも作った。印象に残っているのは,汎用機習い始めの360,PCでは8086~80286~80386,そしてVMEボード絡みの68K,そしてSH3だな。 ⇒続く

Ada:Ada83準拠のコンパイラ と Modula-2のコンパイラと併せて購入して試してみたのが始まり。USではそれなりに需要があったのだが日本では試験的にはそれなりに扱ったが商用プログラムは書いてない。NTTとかやってたような気がするがどうなんだろう。 #GNAT (gnat[nǽt]って蚋のこと。。)そもそも,DoDが,兵器搭載用のプログラム言語が多様過ぎて保守が大変だからと,これを統一しようと企画して生まれた言語で,渡航して熱心に学習した(させられた)。自分で発案した暗号化や航路制御関連のプログラムを書いたが,いささか記述が面倒で当初閉口したが,慣れると気にならなくなるもので,それなりに使えるようになった。ISO/IEC 8652:2012 Information technology — Programming languages — Ada ⇒続く

APL:今は J だね。自分で書くことはたまにあるが、業務では2回ほど発注を受けたのみ。APLで商用アプリを書ける者は一般的業務アプリ界隈ではとても少ない。場所選べばそれなりにいるんだけどね。CodeDocs.org(APL progrmming language) TryAPL #J ⇒続く

C/C++:アセンブラと同じく使用歴が長いが、C言語に特に熱心だったのは、MS-C、Lattice-C、Turbo-Cやらが競っていた頃。CodeDocs.org(C programming language) CodeDocs(C++) #VisualStudio # ⇒続く

COBOL:COBOL85, COBOL97 派生で COBOL/S(NEC) なんかを汎用機で散々使った。個人的には事務処理の仕事はCOBOLで書くのがよいと思ってる。ORCA Project はCOBOLだったね。NECのACOS4やNCOS1の仕事は COBOL/Sを多用してたね。#IBM-COBOL #日立-COBOL #富士通-COBOL #日本電気-COBOL #MicroFocus ⇒続く

FORTRAN:個人的に開発した数値計算ライブラリはその後,とある大手から商用提供され有効であった。磁気流体、海流、構造シミュレーションやら。商用アプリでも昔は結構需要があったが、最近は聞かないや。コンパイラの製作にも関わったりして付き合いが深かったが,最近はあまり使わないや。 #IBM-FORTRAN #日立-FORTRAN #NAG-FORTRAN ⇒続く

FORTH:さっと流す程度であまり真面目に書いたことがない。 その昔、新人教育用に購入した石田晴久氏の著作を読んだ時にFORTHの記載があって、そこから少し学んだ。#Gforth ⇒続く

HPL:もう思い出の中だけにある言語。名称もあってるか怪しい。NEC系で使ってた。NECの汎用機はアセンブラ非提供で、制御っぽいところはこの言語で書いていたと記憶している。業務アプリは COBOL/S だった。 ⇒続く

Java:’96以来の付き合い。私は C/C++ が好きなのだが、処理系やIDEの開発にも関与する機会があり、なんとなく手厚く付きおうてきた。生産性が高いとかいう奴がいるが断じて信用しない。IDEの開発もやったが,それ以前は自前で(最低限ではあるが)エディタやらデバッガやらを作っていた。 #ORACLE-JAVA

LISP:数式処理システムとエキスパートシステム(医療診断)の企画開発を発端に使用を開始して以来、私はLipserである。Symbolics(3600, 3650)も扱った。数式処理は譲渡,医療診断は当時のコンピュータの性能ではデータも処理速度も全然足りなかった。十分な性能を使えるようになった現在,考え方はそのままでも機能するだろう。 #Common Lisp #Scheme #Egison ⇒続く

Modula-2 Modula-3:パソコン用に買った最初のコンパイラが(Modula-2)結構な値段だった。Adaも高かった。。 Modula3.org ⇒続く

PHP:LAMP な副業的プログラミングで関わったが,あまり面白いことはなかった。L:Linux A:Apache M:MySQL P:PHP(Perl, Python)。 CodeDocs.org(PHP) ⇒続く

PLUS:今話題の BIPROGYの前身である日本ユニシスのシステム記述言語。以前、「UNISYS用語を教えてくだされ」スレでもなかなか出てこなかったので、経験者はかなり少ないのだろう。しかし BIPROGYという名称はピンとこないなあ。。サイト検索すると ”Club Unisys + PLUS” みたいな結果がわんさか。メンドクサイったらありゃしない。 ⇒続く

また後で更新しよう … …